HOME » 市場通信のサービス » 遠隔サービス ネットリモ

遠隔サービス ネットリモ

ネットリモートにより、エリアを問わずにコールセンター運営を支援!

第三者の視点からコールセンターの改善に取り組んでみませんか?

当社市場通信は首都圏等関東中心にコールセンターのコンサルティングをして参りました。今までは遠方からのご依頼やご要望があっても出張する時間や出張費等の負荷がかかり、お断りしていたのが現状です。今回ネットを駆使したネットリモートによるコールセンター・コンサルティングサービス「ネットリモ版」によって、今よりも安価に短期間に遠方でのコールセンターのコンサルティングが可能となりました。一度ご訪問してお打ち合わせをすれば、マニュアルやスクリプトなどの編集や、ボイスによる教育・研修会議などもブラウザベースで行います。是非お問い合わせください。

ネットリモのイメージ

ネットリモが選ばれる5つの理由

[メリット1 ] センターの場所を選びません

  • センターの場所にかかわらずサービスをお受けいただけます。
    [活用事例] クライアント様の東京本社と沖縄のセンター、弊社を結びプロジェクトを進行。

[メリット2] センターに常駐するスタッフも指導やサポートが受けられます

  • 離席することが難しいSV担当者様は自席で指導やサポートがお受けいただけます。
  • コミュニケーターにも定期的なモニタリングのフィードバックが可能です。

[メリット3] ファイル共有しながら打合せが進められます。

  • お打ち合わせ中にファイル共有しながらデータを書き換えるため、効率的に業務が進行します。
  • スクリプトなどはロールプレイングで内容を検証をしながら、その場でデータを修正していきます。

[メリット4]インターネット環境を活用するため大がかりなインフラ整備が不要です

  • 電話会議システムの導入は高額ですが、WEBベースの会議システムを活用することにより安価に利用が可能です。

[メリット5]出張費、移動時間の削減になります

  • 何よりも、出張費や移動時間が削減でき、その費用の分を有効に活用できます。

サービスの主な内容

モニタリング導入
個別業務に合わせた評価基準の策定から仕組みの導入、実施を支援
スクリプト改善
目的達成の鍵を握るスクリプト。その改善や作成担当者の育成を支援
フィードバック
モニタリングの結果をコミュニケーターにフィードバック。モチベーションにも貢献
現状診断
第三者とプロの視点から貴センターの現状分析を行い、解決課題を整理
業務改善
現状の課題やセンターの成長に合わせた業務の改善を支援
新規立ち上げ
新規センターや新しいコールの立ち上げのプロジェクト推進から業務支援
トレーニング
コミュニケーター、SV向けなどの各種研修のカリキュラム設計から実施

※個別の課題や目的に合わせて実施プランをご提案させていただきます。
進行イメージは、週1回の定例会ベースで検討を重ね、期間は3~10ヶ月間の実施が目安となります。

検討から実施までの流れ

[手順1]コンサルティングの対象や進め方などを電話とE-mailでお打ち合わせ

[手順2]ご発注をいただいたのち、機密保持契約等の必要な手続き

[手順3]WEB会議の環境設定と動作テスト

[手順4]対面でのキックオフミーティング実施(長めの打ち合わせによる顔合わせと今後の進行確認)

[手順5]会議体の決定 (施策別に会議体を詳細に設計)

[手順6]WEB会議によるレクチャー実施 (予め決められたアジェンダに沿って会議を進行)

ネットリモによって大きな効果が得られています。

外資系ネットワーク関連メーカー様

法人営業支援型のプロジェクトセンター化を目的とした業務改善プロジェクトにおいて、週1~2回の定例会で7ヶ月間のコンサルティングを実施。

【アメリカ】-【東京】-【沖縄センター】-【市場通信】間で効率的にミーティングを実施。